有限会社ビューイット

ビューイット撮影会の代表が撮影会の合間に撮影した画像を掲載しています。
モデルの名前をクリックすると別窓でスライドショーのページが開きます。

3月13日卒業衣装撮影会   前へ  上へ  後ろへ


水樹チサ  北園さや  伊藤彩(スタッフ)  中山恵奈(スタッフ)  合わせ



参加カメラマン  1部10名  2部10名(1部2部とも満員御礼)   個人撮影は3人ずつ行う

外部リンク:撮影されたカメラマンのブログが別のタブで表示されます。

総合・合わせ かっちゃんさん
水樹チサ シュウさん シュウさん 梅風呂さん ポンちゃんさん シュウさん シュウさん
かっちゃんさん かっちゃんさん かっちゃんさん かっちゃんさん MKさん
北園さや シュウさん シュウさん 梅風呂さん ジャンボさん
かっちゃんさん かっちゃんさん かっちゃんさん かっちゃんさん
ポンちゃんさん ポンちゃんさん ポンちゃんさん
伊藤彩 かっちゃんさん 梅風呂さん ジャンボさん blackfarmさん
中山恵奈 かっちゃんさん ジャンボさん


すみません。伊藤彩さんのみ撮影をしていませんでした。

募集開始時刻と同時に申し込みが相次ぎ、翌日に定員に達しました。
1部のみ参加のカメラマンが2名、2部から参加のカメラマンが2名いて、12名のカメラマンが参加してくれました。
モデルの水樹チサさん、北園さやさんにとっては初めての会場です。
卒業式で忙しいため昨年、それから今年の2月28日に来てくれた着付け師さんが来られず、初めての着付け師さんが来てくれました。
つまりモデルにとっても着付け師さんにとっても初めての会場で更衣室の場所がわからないということで、2月28日にモデルを務めた伊藤彩さんにスタッフを依頼しました。
また、かねてより勉強のためにスタッフをやりたいと希望していた中山恵奈さんにもスタッフを依頼しました。
水樹チサさん、伊藤彩さん、着付け師さんが先に会場入りして、更衣室の場所がわかる伊藤彩さんの案内で移動。
その間に私が再び自家用車で最寄り駅まで戻り、北園さやさんと中山恵奈さんを連れてくる。
伊藤彩さんが北園さやさんと中山恵奈さんを更衣室へ案内している間に私は車を駐車場に止めてから会場へ戻ってくる。
そして着付けの間に私が伊藤彩さんと中山恵奈さんに撮影コースと撮影場所を案内するという計画でした。
ほぼ計画通りに進んだのですが、5分遅れで1部開始となりました。

2月28日に満開だった河津桜がまだ咲いていてくれたので助かりました。
ただ梅はほぼ咲き終わった状態であり、もしかしたら咲き始めているかもしれないと期待した椿とユキヤナギとニワウメがあまり咲いていないという状態でした。
気温も低く、曇り空でレフ板も効きにくい状態でした。
チサさんとさやさんに頑張ってもらうしかありません。

更衣室から先に出てきたのが水樹チサさんでした。
さやさんのことを「凄く可愛くて似合っている」と言ってきました。
正直な女性だなと感心しました。

河津桜から始まった撮影は最初から盛り上がりました。
この場所に関しては曇りのため撮影方向を気にしないで撮影できたのは良かった半面、レフの効きが弱いのが残念です。
でも可憐な袴姿の可愛らしい2人のモデルと河津桜の組み合わせは最高に良かったです。

ここで1時間程度粘って15分間の休憩を摂りました。そして最初の5分間をスタッフ2人の撮影時間に充てました。
特に新人モデルはブログを書くネタがなくて困っているのです。

モデル 「ブログに書くネタがありません」
私   「文章は短く、あとはカメラマンさんに撮ってもらった画像を貼ればいいのだよ」
モデル 「その画像がありません」

今回はカメラマンが多いことから、伊藤彩さん、中山恵奈さんもたくさん撮ってもらいました。

1部は予定通り門を利用した撮影で終了。
その前に利用した階段での撮影で水樹チサさんが何故かセクシーでした。
和風の小屋の前での撮影で北園さやさんがとても可愛らしかった。

昼食は予定したカフェに入れなかったのでイタリアンレストランに変更。
モデル・スタッフ的にはむしろ良かったと思います。

2部はすっかり梅が散ってしまった梅林で開始しました。
すぐに終わってしまうかなと思いましたが、予想外に盛り上がり長く利用しました。
この後は川沿いに進んで1部最初に利用した河津桜の撮影で終了する予定でしたが、風が冷たくなってきました。午前中よりも寒いです。
屋外での休憩は寒いと思ったので、階段を昇って建物内に移動して休憩を摂りました。
つまり撮影コースが長くなってしまったのです。

後半はやや急ぎ足で進行しました。そして予定通り河津桜を利用した撮影で終了しました。
最後の合わせで、モデル同士ではなくて、水樹チサさんと伊藤彩さん。北園さやさんと中山恵奈さんという組合せにしました。
これは撮影コースが長くなったことによって、1部同様5分間用意した伊藤彩さん、中山恵奈さんの出演時間が無くなってしまったからです。

開始前は、撮影場所が乏しくて時間が余ってしまうのではないかと心配していましたが、実際は時間が足りない状態でした。