有限会社ビューイット

ビューイット撮影会の代表が撮影会の合間に撮影した画像を掲載しています。
モデルの名前をクリックすると別窓でスライドショーのページが開きます。

2月24日卒業衣装撮影会   前へ  上へ  後ろへ


日下部ほたる  佐伯瞳  木村寿美(スタッフ)



参加カメラマン  団体1部3名(定員10名)  団体2部3名(定員10名)
           個人撮影は佐伯瞳30分+60分、日下部ほたる60分、木村寿美30分


外部リンク:撮影されたカメラマンのブログが別のタブで表示されます。
総合・合わせ かっちゃんさん かっちゃんさん
日下部ほたる かっちゃんさん かっちゃんさん かっちゃんさん
佐伯瞳 かっちゃんさん かっちゃんさん かっちゃんさん
木村寿美 かっちゃんさん かっちゃんさん かっちゃんさん


色鮮やかなポートレートを撮影したいという企画の撮影会でした。
3月11日に続いて同じ会場で同じ内容の企画です。
今年は河津桜の開花が遅かったのですが、2本ある河津桜の内の1本は満開に近い状態でした。
団体1部は私服で花が多い場所を選んで進行するはずでした。
ところが、団体1部開始直前にビューイット撮影会とは全く関係がない公園利用者の男性1人から文句を言われました。
どうやら風景を撮影に来た人で、我々が邪魔になったので、管理事務所に文句を言いに行ったようです。
そのため管理事務所の人(朝、撮影許可の受付をして腕章を渡してくれた人)を連れてきています。
池の向こうに河津桜が咲いている風景を撮りたいので邪魔だ。撮影の邪魔になるので荷物も地面に置くな
ということを言っているのです。

これって凄く変なのですよ。
我々は2週間以上前に管理事務所にファックスを送って撮影利用申請をして許可を得ている。
今朝には管理事務所に対して公園利用料金を支払って、腕章をもらって撮影をしている。
それに対して、彼は許可を取っていないし、利用料金も払っていない。
ポートレートよりも風景撮影の方が広い範囲で場所を占有するのだから本来なら彼も利用申請をして料金を支払わなければならないと思うのです。
しかし、ここで口論しても仕方がないので撮影開始場所を変更しました。
モノトーンの地味な場所で、本来は2部開始の場所です。
鮮やかな着物を着る2部なら、この場所でも構わないのですが、本来の「色鮮やかなポートレート撮影」とは違う雰囲気になってしまいました。
結局、団体1部では河津桜を利用した撮影を行わず、梅が咲いている場所で撮影を終了しました。
この場所の梅は綺麗に咲いていたので、もっと早くこの場所へ移動すれば良かったと思っています。

レストランで昼食。
今回のモデルとスタッフは全員が初対面なので盛り上がりに心配しましたが、3人ともコミュニケーション能力が高いので会話が盛り上がりました。
団体1部の不快感を少しでも回復できたと思います。

団体1部で帰ったカメラマンが1人、団体2部から参加のカメラマンが1人なので同じ人数で団体2部を開始しました。
開始前に木村寿美さんに少し出演してもらいました。
爽やかで可愛らしいモデルです。

団体2部は順調に進行しました。
朝、文句を言ってきた男性がいないことを確認してから河津桜を利用した撮影もできました。
ただ、1番良かったのは団体2部最後に利用した梅が咲いていた場所です。
人がいない場所なので安心して撮影できました。

去年の卒業衣装撮影会を参考にして、2月24日に開催した卒業衣装撮影会ですが、楽しみにしていたしだれ梅が咲いていない。
開始直前に文句を言われたことで、撮影コースを変更せざるをえなかったなど納得がいかない撮影会でしたが、
最後の最後で盛り上がれたことと、スタッフの木村寿美さんを含め、日下部ほたるさん、佐伯瞳さんの評判が良かったことが幸いな撮影会でした。

荷物を地面に置くなとまで言われたのは17年間撮影会を運営してきて初めてのことです。
昼休み、それから撮影会終了後に会った管理事務所の人からは「不愉快な思いをさせて申し訳ありません」と謝られました。