有限会社ビューイット

ビューイット撮影会の代表が撮影会の合間に撮影した画像を掲載しています。
モデルの名前をクリックすると別窓でスライドショーのページが開きます。

5月5日星野美紀少人数制撮影会   前へ  上へ  後ろへ



参加カメラマン  少人数制撮影会4人(満員御礼)、個人撮影2時間30分×1


外部リンク:撮影されたカメラマンのブログが別のタブで表示されます。
くろすけさん くろすけさん くろすけさん ジャンボさん ジャンボさん ジャンボさん


自家用車で複数の場所を移動しながら撮影するという4月21日、28日と同じ撮影会です。
僕の車が7人乗りで、1つの席を荷物置き場として空けておくのでカメラマンの定員は4名となりました。
ただ、本当は僕の車を含めて2台の車を確保して、モデル2名、スタッフ2名、カメラマン7名で開催したい撮影会でした。
4月21日(中村美香子)、28日(酒井るな)に続いて今回も満員御礼になりました。
なお、団体撮影会の後に60分と90分の個人撮影会を募集しましたが、同じ人が申し込んできたので2時間30分の個人撮影になりました。
これは結果的に良かったと思います。
というのは、60分の会場で期待していたツツジが咲き終えていたからです。別の会場での撮影に変更できました。

駐車場の関係(遅い時間に行くと満車で入れない)で最初に行った公園ではなくて、本来は2番目に行く菜の花畑、3番目に行くツツジが綺麗な公園が目的の撮影場所になります。
この時期にしか利用できないからです。
4月30日に利用した時は、菜の花もツツジも元気で5月5日までもつと考えていました。
ところが集合時間前の早朝に2番目と3番目の会場を下見したところ、菜の花は既にかなり減っていて、ツツジについては完全に咲き終えていました。
最初の会場については脇を車で通りすぎただけで、当日下見をしなかったことが失敗でした。
これが茶屋での休憩前に少し迷走した理由です。

さて、集合場所に現れた星野美紀さんは清楚な服装で凄く可愛く見えました。今まで会った中で1番可愛かった。
バラが咲いている庭が似合いそう。そう、知っている人は知っているバラが咲くカフェ。
集合前に車でカフェの前を通り過ぎた時に既にバラがたくさん咲いていました。
頭の中でスケジュールを組みながら車を運転して最初の公園の駐車場に到着しました。
全員が集合時間よりも早く駅に来たこともあり、予定よりも早く撮影を開始しました。
企画の段階では撮影場所に含まれていなかったけど、4月30日に利用して好評だった梅林の地面に咲く小さな花を利用した撮影から開始しました。
駐車場に車を止めてからしばらく歩いたので、美紀さんに座ってもらいたいという考えもありました。
ただ、左の奥の方にシートを敷いてピクニックをしている女性3人の集団がいたので、背景に写らないことをカメラマンの皆さんに確認をしてから位置決めをしました。
ピクニックをしている人たちが背景に写らないように、それから梅の木々が串刺しにならないように気を付けながら撮影しなければなりません。
でも実際に撮影を始めてしまうと夢中になれるものなのですね。
それだけ美紀ちゃんが可愛いということです。

その後、小さい方の古民家や梅林を利用した撮影をしていたら11時になってしまいました。
8分ほど早く開始したけど時間が経つのが早く感じられます。
28日は11時20分ごろに茶屋に入って料理が出て来るのに時間がかかったので、今日は撮影を切り上げて11時に茶屋に入りました。
事前に調べた情報では11時開店だと思っていたのですが、既に茶屋には大勢の人がいました。
僕が調べた情報が古かったようです。できれば日陰で席を取りたいけど日向しか席が空いていません。
美紀ちゃんには木の陰になる部分に座ってもらって、それ以外の人は日向に座りました。
今日も暑かったです。
幸いなことに日陰(茶屋の中)の席が空いたので移動できましたが、どうも茶屋は人の出入りが多くて落ち着きません。
初めて美紀さんに会うカメラマンがいて美紀さんとコミュニケーションをとって欲しかったのですが上手くいかない。
料理が出てきたのが28日よりも早かったので30分の予定を20分で切り上げて撮影に戻りました。
昼食の時に僕が少しいなかったのは古民家での光の方向を調べていたからです。
その結果、古民家での撮影はもう少し後にしたいと考えました。

水車小屋を利用した撮影から再開して、階段などを利用した撮影をしたのですが、食事前の撮影に比べると今一つ盛り上がりません。
というのは28日と状況が変わってしまったからです。
28日に咲いていたシャガの花がすべて散っていました。
それから28日に比べると通行人が多くて撮影が度々中断されたのも大きかったと思います。
林での撮影も足元、特に美紀さんの足元が不安定なのでカメラマンの気持ちも落ち着きません。
この辺りは省略しても良かったと思います。
でも古民家を利用した撮影では盛り上がりました。
まだ早いとは思いましたが萩のトンネルでも撮影して、駐車場に戻り車で菜の花畑へ向かいました。
最盛期を過ぎ、花が減った菜の花畑を観てガッカリすると思ったのですが、いざ撮影を始めてみると盛り上がりました。
なにしろ我々以外に人がいないので、誰にも邪魔されることなく撮影に集中できるのです。
そして、美紀ちゃんも可愛らしい仕草と表情でカメラマンの撮影意欲に火をつけてくれました。
本当に可愛らしい女性です。
菜の花畑で粘って粘って、それからカフェで休憩です。
菜の花畑での撮影時間を長くしたのは、美紀ちゃんが可愛らしくて撮影が盛り上がったこともありますが、早くカフェに移動すると満席で入れないのではないかと心配していたからです。
実際には先客は3組しかいなくて、すぐに席に座ることができました。
全員がケーキセットを注文。
やっぱり、落ち着いた場所での休憩を摂ったほうが良いと思いました。

最後の撮影場所は事前の下見でツツジが咲いていないことがわかっていたので、アスレチック設備や林道などを利用して撮影しました。

その後、2時間30分の個人撮影を行い、本日の撮影会は終了しました。