有限会社ビューイット

ビューイット撮影会の代表が撮影会の合間に撮影した画像を掲載しています。
モデルの名前をクリックすると別窓でスライドショーのページが開きます。

6月3日日下部ほたる・酒井るな撮影会   前へ  上へ  後ろへ


日下部ほたる   酒井るな



参加カメラマン  団体1部7名  団体2部7名(各部定員10名)  個人撮影各60分×1

外部リンク:撮影されたカメラマンのブログが別のタブで表示されます。
総合・合わせ かっちゃんさん
日下部ほたる かっちゃんさん
クーパー捜査官さん クーパー捜査官さん クーパー捜査官さん クーパー捜査官さん
酒井るな かっちゃんさん かっちゃんさん かっちゃんさん
クーパー捜査官さん クーパー捜査官さん クーパー捜査官さん


波打ち際の砂浜、ゴツゴツとした岩場、堤防、紫陽花、もしかしたらサツキが残っているかもしれない。
少年漫画や青年漫画のような仲良しのグループで海に遊びに行きました。
男性たちは水着姿の女性たちにウットリと見惚れていました。
そんな雰囲気の撮影会にしたいという企画です。
だからモデルは2人以上にしたかった。

当日の朝に下見をして、紫陽花には少し早くて色が完全には付いていなかったけど、サツキはまだ咲いていた。
海もキレイで、下見の段階で成功する予感がありました。
実際に凄く楽しい撮影会時間があっという間に過ぎていきました。

朝から快晴でした。
団体1部開始から盛り上がりました。
盛り上がりすぎて途中休憩を入れるタイミングが見つからない。
それから日陰で休憩を摂りたいけど、その日陰がない。
というわけで途中休憩なしで進行して1部を10分早く終了してレストランに入りました。
カメラマンの皆様が団体1部2部通し参加にしてくれたおかげです。

予定よりも早くレストランに入ったけど、料理が出てくるのが遅いため、団体2部は予定通りの時間に始まりました。
今日の干潮時間は13時25分、その時間帯は海から波が消えて水溜りのようになってしまうので海での撮影は避けたい。
岩場から始める計画でしたが、日陰がないため、日陰がある紫陽花から撮影を始めました。
団体2部も最初から盛り上がりました。
気付けば紫陽花だけで1時間が経過してしまいました。
近くの東屋の下のベンチは既に人がいたので、遠い方の東屋のベンチまで移動したのですが、そこにも人がいました。
結局、一部だけ木陰になっているベンチで途中休憩を摂りました。
時間が押しているため高台での撮影を諦め、再び砂浜まで移動して後半の撮影をしました。

とても楽しくて充実した撮影会でしたが、暑さの中でモデルもカメラマンも疲れたと思います。
だから2部の途中休憩は冷房が効いたレストランで摂ればよかったと思っています。

今回の反省を次回に活かします。