有限会社ビューイット

トップ画像

大規模撮影会              佐藤麗
「トップ画像」

1980年頃の撮影会といえば、カメラメーカーやフィルムメーカー、カメラ店、それから全東京写真連盟が主催する大規模撮影会しかありませんでした。
まだインターネットがなかったので、カメラ屋においてあるチラシで撮影会の開催を知るという時代でした。
そのチラシには「ファッションモデル10名出演」という風に書いてあり、モデルの名前が載っていませんでした。
撮影会の信用でカメラマンを集めていた代わりに、参加費は4時間程度(途中休憩有)で2000円~4000円程度でした。

レースクイーンブームが起きた1980年代後半になると新しくレースクイーン撮影会がたくさんできました。
そして撮影会といえばレースクイーン撮影会というようになりました。
レースクイーンがテレビや雑誌にどんどん出ていた時代です。
それまでの撮影会とは違って、モデル(レースクイーン)を前面に押し出してモデルでカメラマンを集めていました。
テレビや雑誌で見たレースクイーンを間近で撮影できるというので多くのカメラマンが集っていましたが、その代りに参加費が高くて90分で7000円程度でした。

ビューイット撮影会では今までは少人数制撮影会と個人撮影で開催してきましたが、このたび大撮影会を開催することにしました。
事前予約なしで参加できます。
まずはビューイット撮影会のことを知って欲しいからです。



佐藤麗さんのツイッター



1月13日6時30分更新更新