有限会社ビューイット

トップ画像

撮影会に参加するカメラマンの気持ち       藤川絵梨華
「トップ画像」


僕は1980年代90年代のレースクイーン撮影会に参加していました。
1部(90分)参加して帰ることが多かったのですが、
他のカメラマンの中には、1部から6部まですべて参加している人も多くいました。
その人たちの意見を聞いたことがあります。
次のように言っていました。

「本当は5部6部目になると撮影することがなくなって飽きてくるのだけど、モデルを悲しませたくないから途中で帰れない」
「共演モデルも撮影したいけど、その姿を好きなモデルに見せて悲しませたくないから共演モデルを撮影できない」

撮影会に参加するカメラマンの気持ちは、モデルに対する恋愛感情だと思っています。
「好きなモデルが幸せになってもらいたいから撮影会に参加する」

変なことを書いていると思った方は、プロ野球やJリーグのサポーターを思い受けばてくれれば納得してもらえると思います。
「好きなチームに勝ってほしいからスタンドに来て一生懸命に応援する」

僕は凄く健全なことだと思っています。








3月9日5時50分更新