有限会社ビューイット

トップ画像

僕が撮影会に参加した理由8       南雲みる
「トップ画像」

バンドワゴン効果の説明

バンドワゴンというのはパレードの先頭の楽隊車のことです。
バンドワゴンが明るい音楽で観衆の気持ちを1つにして盛り上げる。

撮影会を主宰しているとわかります。
最初は特別に綺麗なモデル、特別に可愛いモデルにカメラマンが集る。
だけど、それだけだと長続きしない。
「綺麗なモデルを綺麗に撮影できたから、もういいや」
になってカメラマンは離れていく。
世の中には、綺麗なモデル、可愛いモデルはいっぱいいて、次から次へと新鮮なモデルが現われる。
綺麗なだけ、可愛いだけでは人気は持続できない。
ところが、バンドワゴン効果、作業興奮、ピア効果を利用できると人気が長続きする。

ビューイット撮影会ではモデル達にバンドワゴン効果、作業興奮、ピア効果を使えるように指導しているけど、
新人ばかりの撮影会なので、まだ効果を発揮していません。

モデルを育てるためにはカメラマンの協力が不可欠です。

現在悩んでいるのがカメラマンのお喋り、それから画像チェックです。
特にカメラマンのお喋りには悩まされています。
前のページでも説明しましたが、指や口を動かすだけでは作業興奮はできません。
他人から話しかけられた人は体の動きを止めて口だけ動かすので作業興奮の妨害になる。

休憩時間中や撮影会が終わってから喋るのは構いませんが、
これからは作業時間中のお喋りはスタッフが厳しく注意をするようにします。

撮影時間中にお喋りをしないで熱心に撮影してくれるカメラマンの参加を優先したいと考えています。


先日の撮影会で、おしゃべりが多いカメラマンの団体撮影会への参加を拒否したところ、反論がありました。
「お通夜みたいに黙々とシャッターを切る撮影会には参加したくない」

そうじゃないのですよ。僕は
「ライブハウスやスポーツの試合会場、スポーツクラブのエアロビクスみたいに喋らずに動き回れる撮影会にしたいのです」

なにとぞ、協力をお願いします。


4月25日21時00分更新